きらめきの行方

彼らはどこへ向かうのだろう

【ミュージカル「スタミュ」覚書】青春は其処に存在した

遡ること7ヶ月前、ミュージカル「スタミュ」(通称「ミュミュ」)大阪公演・4/15のマチネを観劇してきました。4/16の大千秋楽生配信とアーカイブの配信も見ました。

 

まだミュミュを見たことないよって方はどうぞこちらのゲネプロダイジェスト映像をご覧ください。 

 


杉江大志らがスターを目指す!ミュージカル「スタミュ」公開ゲネプロ| エンタステージ

 

感想:とにかくきらきらしてた。

 

いわゆる2.5次元を見に行くのは初めてだったので不安でしたが、その不安は露と消えて、彼らの青春は間違いなくあの場所にあったんだなって思いました

話の筋だけをうまく拾い上げつつ、笑いどころもあって、泣かせるところもあって、エンターテイメントとして完成していたなって感じです。

個人的には戌峰さんのアドリブが天才的すぎるなって…………アベノハルカス…………ワンワン軒…………茄子のヘタ…………ずっとツボでした。

 

――という下書きが残っていたので、新作も決まったことだし、せっかくなのできちんとエントリとして昇華しておこうと思います。

覚書として4/15のマチネについてiPhoneのメモに残していたものに、加筆修正を行いました。ネタバレを含む感想となるので、それでも大丈夫な方のみお進みください。

 

 

2017/4/15 ミュミュマチネ@森ノ宮ピロティホール

当日の記憶に基づくふわっとしたレポです

星谷くんと鳳先輩の邂逅

鳳先輩の踊りが思ったよりも長かったし上手くてびっくりした。ターンがすばらしい。

 

 

星谷くんと那雪くんの初対面

那雪くんとぶつかるアンサンブルのひとが原作よりもちょっとやさしかったことに感動した(そこかよ)

相変わらず天真爛漫な星谷くんと、困った感じの那雪くんがとてもよい。

 

ご登校

ミュージカル学科の説明をする那雪くん。双子の声が疲れてたっぽいとか、ちょくちょく音源から遅れてたとことかを除けば、間違いなくあれは綾薙学園華桜会だった。襟を正す振り付けは実際に見ると余計に素晴らしかった……

 

「星のストライド

声が心配になったし花江くんよりもいくらかキーが低いんだけど、がんばってやりきってた。熱血主人公になったミュミュ星谷くん(演:杉江大志くん*1は、前向きで前向きでかわいかった。

 

最初のオーディション

振りを間違える星谷くん、自信なさげに歌う那雪くん、兄のことで怒る月皇くん、暁くんに突っかかる天花寺さん。華桜会がきちんと審査してたのがとてもよかった。あと、空閑くんがぶつかる相手が虎石さんに変わってて微笑ましかったですありがとうございます……

 

虎石さん「ってぇ! ……んだよ愁じゃねえか! 遅かったな、入学式いねえから心配してたんだよ! もうテスト始まってんぞ!」

 

空閑くんを心配してくれてありがとう虎石さん……!!!!

 

 鳳先輩とちむとりの初対面

「俺こそミュージック」を歌って踊る鳳先輩。ステッキぶんぶんしてる鳳先輩の優雅さたるや。すごい。すごい。ステッキを落っことしても何事もなく拾い上げるし、もはや鳳樹だった。

そのあとの練習風景、鳳先輩のソロ曲のときに先輩とアンサンブルのひとたちが持って踊ってたステッキ(この時点での扱いは金属の棒)をバレエのバーに見立てて5人がレッスンしてて、演出がすごいなって思った。毎回星谷くんのせいでみんな倒れてたけど。

 

天花寺さんのお部屋前/バイト前の空閑くん

左側で星谷くんと天花寺さんの会話、右側で那雪くんと空閑くんの会話。ちょくちょく天花寺さんと空閑くんのセリフが同時に言われたり(「「いい加減に(※ダブルミーニング)」」とか)、星谷くんと那雪くんがステージの真ん中で考え込みながらくるくる回ったり、星谷くんが見えない壁にぶつかったりしてた。かわいい。喋ってるうちにカップラーメンの粉末入れ損ねて食べてた空閑くんと、お弁当を渡す那雪くん。かわいい。

 

あと、猫がいなくなったって星谷くんから那雪くんに電話がかかってきた後の、「やるよ。魚介の旨味たっぷりの粉末。猫、探すんだろ?」とドヤ顔する空閑くんが最高に空閑くんでした。

 

「RADIANT MIND」

那雪くん「空閑くんも猫、探しに行く?」
空閑くん「行かねえよ。バイトだっつったろ……(立ち上がって中央奥の扉に向かう) それに(振り向く)、お前の弁当も食べきらないとだしな」

 

とドヤ顔で言いながらジャケット羽織る空閑くん。原作では突然デレてた部分が「星谷に那雪か……ああいう奴らと組むのも、おもしろいもんかもな」ってセリフできちんと補完されてた。そしてジェット機墜落の振り付けでわたしも死んだ()

 

タヴィアンと戌峰さん

戌峰さん「(タヴィアンに向かって)ぼくはでっかいけど〜〜全然怖くないからね〜〜! ……えっ? ちーがーうー! ぼくはアベノハルカスじゃなーいー!」

 

突然のアベノハルカスに腹筋が耐えられませんでした。

 

「天下の花」

ビブラートが上手い美人な天花寺さん。扇子の使い方がアニメの天花寺さんと似てるし音ハメもばっちり。

 

お弁当争奪戦

未だツンツンしている月皇くんに天花寺さんが突っかかり、「お友達ごっこ」ってワードも出てくる。卯川くんが原作より嫌味が前面に出てきてたけど煽り力高くて良い。全員が揃って喧嘩勃発の予感がしたところで柊先輩登場。

 

柊先輩「廊下で騒がしくして……いったい何をしてるんですか」
空閑くん「…………那雪のお弁当争奪戦です」


驚きながらも乗っかる那雪くんと虎石さん。空閑くんと虎石さんの動きのシンクロ率が高くて微笑ましかった。虎石さんが「なァゆきちゃんの! 美味しい美味しい! お弁当が! 欲しい! からって! 奪おう! だなんて! してません!」って言いながら空閑くん(真顔かつ無言)と手合わせしてるのがめちゃくちゃかわいかったです。

 

戌峰さん「みんなが〜〜お弁当のおかずに〜〜見えてきた〜〜〜〜♪ 申渡は〜〜とんかつにかかってるタレ〜〜♪ 那雪は〜〜明石の白だし(?)にでも浸かってて〜〜♪ 空閑の頭は〜〜いつ見ても〜〜茄子のヘタ〜〜〜〜♪」

 

戌峰さんのアドリブも炸裂してました。茄子のヘタ。

 

日替わりらしい戌峰さんと柊先輩のやりとり

「お手」

「ワン!」

「おかわり」

「ワン!」

「待て」

「ワン! ……何でやねん!(柊先輩の脇腹へツッコミチョップ)」

「ゔっ!」

「わあああ! すみません〜〜!」


柊先輩が「飼い犬に手を噛まれたようです」って客席にどや顔しながら去ってった後、虎石さんが「何で関さ……関西弁なんだよ」って噛んでたのがかわいかったし、ちむらぎが帰るときに虎石さんが「team鳳、声出すの下手すぎ」って空閑くんの肩叩いて帰ってくのがかわいかった。ただの八つ当たりでは(?)

 

「Limited Sky」

アーサー王アーサー王月皇海斗がそこにいた。シルエットと声だけ登場する遥斗さんの存在感がやばい。たぶんこれがあるから遥斗さんのお手伝い回がカットだったのかなって。にしてもすべてがただただうつくしかった(語彙力の欠如)

 

「五重奏~クインテット~」

ひとつになったちむとりが歌う五重奏の破壊力。星谷くんが入りを間違えたのをその後の月皇くんがカバーして、空閑くんが伴奏してたりとか肩組んで歌ってたりとか、かわいすぎました。

 

「アヤナギ・ショウ・タイム」

模範演技:アンサンブルのひとたちが模範演技の映像役。華桜会からの説明の最中、泣き出す戌峰さんにエアハンカチを手渡す申渡さんと宥める虎石さん&卯川くんの完璧さたるや。


ちむらぎ:衣装といい振り付けといい歌いかたといい、もはや本人。申渡さんをはじめとして足上げがきっちり出来てた。ニコ動のコメントで毎回ツッコまれる「どこにあるかわからない太陽を目指す振り付け」もちゃんとあった…………


ちむとり:衣装の再現度が高かった泣きそうだった。空閑くん推しとしては空閑くんがよく目立ってくれて嬉しかった…………このときにちむらぎが

「あんなのお遊戯会じゃん!」

「あいつらすげー!」

「おもしろいね、えーご」

「そうですね、たつみ」

「愁の奴、やるじゃねえか!」

ってそれぞれ感想言ってるのもかわいかったです。

 

「五重奏~クインテット~」大サビ

双子が双子であることに言及されたあと(これにより双子回がカット)、ちむとりが嬉しそうに肩組んで歌う五重奏が完全に泣かせにかかってた。立ち位置は左から那雪くん・空閑くん・天花寺さん・月皇くん・星谷くん、だったかな〜〜那雪くんだけ肩組まずに両手を前で組んでたのが最高に那雪くん。

 

「MY FRIEND~僕でよければ~」

「幕間は演者のためにある」っていう星谷くんのモノローグと同時系列で「君がいたから」って言ってソロを歌う那雪くん……かわいかった……

 

☆以下時系列あやふやだけどすごかったポイント

・戌峰さんがハケるときに「おさかな! 道頓堀! 泳ごう〜〜♪」的なことを言ってて可愛かったです

・星谷くん以外の4人が「出た、能天気ポジティブ」ってハモるのがはちゃめちゃに可愛かった……ちむとり可愛い……

・みんながセット上部へ向かうときに階段を上るなか、戌峰さんは何故かセットの壁をクライミングしてた。何でだ。

・セット下部の戌峰さんが投げたアイスをノールックで受け取るセット上部のたつみん。天才かよ。

幼馴染組のやりとりが最高に幼馴染組。アニメ版で虎石さんが初登場するバイクの貸し借りのくだりはなかったけど、虎石さんがちむとりについて言及するときはほぼ空閑くんのことだったのが最高に幼馴染だった

ちむらぎが細かい仕草まで完全にちむらぎ。すごい。

・ソフトクリームのコーンの下を手で押さえて食べたり、下から溶けたアイスを食べてる戌峰さん(他に誰かが喋ってるとき)

・ちむとりがオレンジジュースをもらってスクワットするシーンが入ってたのがとても……嬉しかった……星谷くんがオレンジジュース開けられなかったのは素なんだろうか

・星谷くんがちむとりの背中に乗っかかってじゃれてるときに、鳳先輩にもやってみたら「髪が崩れちゃうだろう」って避けられてた。4/15と4/16で台詞が違った*2のでたぶんアドリブゾーン。すごい。

・ラストでは虎石さんがわたしの数センチのところまで来てた。もうちょいアピールしてたら数列前のお客さんみたいにハイタッチできてたかもしれない

・暁くんが怒るときの震え方が原作通りだった。星谷くんの綾薙祭公演前の震え方もよかった。

・占いで「友達と手を繋ぐと運気アップ!」と言われた星谷くん、月皇くんと天花寺さんに断られ落ち込んでたせいで、隣でクマシュンが手を差し出しているのには一切気づかなかった。あれっ。

・カットだったところ:殺人事件、合宿、横浜お出かけ&ワンワン軒、遥斗さんお手伝い回、双子回。ところどころ曲の順序も変わってたけど、上手に2時間半に収まってました。

・ラストの「☆☆永遠★STAGE☆☆」で空閑くんとひたすら目が合い続ける。わたしの人生最初の担当・大野智に通ずる「上手いけど省エネ」感が完全に空閑くんでした、ありがとうございました高橋くん……!!!!

 

青春は其処に存在した

というわけでふわっとしたレポ兼感想でした。自分の感想を読み返してたりゲネプロの映像見てたりしたら、やっぱりもう一度見たくなっちゃいました。ミュミュのDVD買おうかな……どうしようかな……新作公演が始まるまでには復習用に買いたいな……

 

 

やっぱりわたしは青春というものに弱いのだなあと再確認したミュージカルでした。新作公演も楽しみにしてます!!!!

 

というわけで、今回はここまでです。お付き合いいただきありがとうございました!

 

 

*1:日程的に行けなかったんですけど舞台「KING OF PRISM」では速水ヒロ役でしたね! 再演があればチケット取りたいです……

*2:大千秋楽では「肩パッドが取れちゃうだろう?」って言いながらジャケットバサァってしてました