きらめきの行方

彼らはどこへ向かうのだろう

スタミュ in 品詞分解!!(という名のキャラソン歌詞分析・前哨戦)

2015年10月期に放送されたTVアニメ『スタミュ』に登場するキャラソンの歌詞を、大学の授業のレポート課題として品詞分解して分析した、というだけのエントリです。ご存知の方もそうでない方も、もしよろしければそのままお読みください。(ちなみに今回のタイトルはDVD・Blu-rayの特典ドラマCDのタイトルに準じています)

 

  1. 始めるにあたって

  2. 品詞分解の方法と対象楽曲

  3. 結果

  4. 品詞分解を終えて――『スタミュ』という作品の主題について

  

1. 始めるにあたって


わたしは『スタミュ』という作品が好きです。ご存じでない方にざっくりと紹介すると、「男子高校生版宝塚」を舞台にした学園青春モノ、というようなお話なんですけど、ほんとうにこの作品が好きで好きで、わたしがDVDを人生で初めて全巻購入した作品でもあります。(以下の動画は第2期の告知映像です)

 


「スタミュ」第2期告知映像


そんな『スタミュ』はミュージカルを題材にしているという性質上、毎話劇中でキャラソンが歌われるんですけど、なんだか同じような単語がよく使われている気がするなあ、という気持ちをわたしは常々抱えていました。頻出単語がもしかしたらあるのかもしれない、なんて思ってるうちに、なぜかレポートとして取り組むことと相成りました。(詳しくは以下に書いてあります)

 

noisy-notes.hatenablog.com


2. 品詞分解の方法と対象楽曲

 

先行研究の分類方法に則って、登場する単語を以下の6つに分類しました。

「名詞」事物を表す単語。数詞・代名詞を含むこともある。
「動詞」:事物の動作・作用・状態・存在などを時間的に持続し、また時間的に変化していくものとしてとらえて表現する語。
「形容詞」:事物の性質・状態・心情等を表す語。ク活用とシク活用がある。
「形容動詞」: 品詞の機能としては形容詞と同一。ナリ活用とタリ活用がある。
「副詞」:動詞・形容詞・副詞および文を修飾する語。
「感嘆詞」: 感動や応答・呼掛けを表す語。

(以上、『広辞苑 第六版』より引用)

また、品詞分解の対象楽曲は、TVシリーズ第1期全12話とOVA全2話の本編+OPEDに使われた楽曲(フルサイズ)としました。※ただし、特殊状況下で歌われた「Angel Lost」は対象外とし、「星のストライド」はソロバージョンのみを対象としています。
というわけで、全22曲を対象として品詞分解を決行しました。

 

ちなみに作業としては、

歌詞を打つ(発売済みの楽曲は「Lylics Master2」を用いて歌詞を取得して印刷しました)→文節に区切る→電子辞書と検索エンジンの力をお借りして全手動で品詞分解

という感じです。以下はOVA第2巻収録の第14幕ED「C☆ngratulations!~team鳳Ver.~」の品詞分解の様子です。

 

f:id:reonnoise:20161209204723j:plain

 

緑は名詞、黄色は動詞、水色は形容詞、赤は形容動詞、紫は副詞、オレンジは感嘆詞、ピンクは未分類の単語です。ナニコレカラフル。

 

そしてすべての単語のカウントが終了した後に、「KH Coder」を使用して数の擦り合わせを行いました。

f:id:reonnoise:20161209210157j:plain

機械って便利ですね!!!!

ちなみに擦り合わせっていうのは表記ゆれを一般的な単語に直したりする作業を指します。「あこがれ」「アコガレ」を「憧れ」に戻す感じですね。

でも全手動の品詞分解に比べれば全然楽でした。あとそんなにカウントミスがなくてほんとによかったです。よかった……

 

3. 結果


ざっくりとですが品詞分解の結果を発表します。ばばーん。
確かカウントだけで8時間、並べなおしに数時間……えーと、どんだけかかったかな……Wordの編集時間を見たら1720分って書いてあったんですけど、つまり? 28.7時間だと……?(KH Coderとの擦り合わせも含めたらたぶん40時間超?)

HAHAHA、この辺はあまり考えてはいけないようですね! それではさっそく表をご覧ください。

 

f:id:reonnoise:20161209204648j:plain

 

ここからは品詞ごとに見ていきたいと思います。まずは名詞から!


【名詞】


「夢」がダントツ1位で45回の登場! 今回の対象楽曲は22曲なので、単純計算で1曲につき2回は登場している計算です。すごい。そりゃあみんな夢に向かって頑張ってる子たちなんですけど、にしてもよく出てきてますね。「明日」より「いま(今)」が3倍近く登場して2位にランクインしてるのも、彼らがいままさに夢を追い掛けながら青春を送ってるからなんですかね……青春してるなあ……(遠い目)


また、「星」って単語は案外少なかったみたいです。もうちょっとあるかなあと思ってたんですけどね。そのほとんどがteam鳳の楽曲に登場していました。劇中で指で星を作ったりしてることを思えば、まあ当然といえば当然ですね。

 

【動詞】


「歌う」とか「踊る」とかはミュージカルアニメらしい感じの単語ですね。「伸ばす」はほとんどが「手を伸ばす」という形で使われていました。また、基本的に明るい雰囲気のアニメなので、「傷つく」が11回も使用されていたのには驚きました。

(動詞は言及してくとキリがないのでここまでにします)

 

【形容詞】

「ない」が1位になりました。「~じゃない」の「ない」が形容詞としてのカウントなのでこの結果になったのかなあという印象です。ポジティブな形で「ない」が多く使われた印象です。「見えない」の「ない」等は未然形の助動詞なのでカウントしなかったはずです。間違いなく今回の品詞分解で頭を抱えた単語No.1でした。マジでギルティです。


2位の「まぶしい(眩しい)」はteam鳳が「まぶしすぎる」という形でよく使ってました。わたしには君たちがまぶしすぎます。きらきらしてるよみんな。
また、「欲しい」に関しては、電子辞書で調べるまで動詞だと思ってましたが、よくよく考えたら動詞だったらウ段音で終わってるはずだってことに今更気づきました。イ段音で終わってたら形容詞。そういやそういうの中学の時に習った気がする……遠い記憶だ……

 

【形容動詞】

形容動詞自体の使用頻度が低かったため、このような結果になりました。

「無限だ」は3回すべてが月皇くんのソロ曲「Limited Sky」に、「永久だ」と「絢爛だ」は天花寺さんのソロ曲「天下の花」にすべて登場します。「天下の花」に関しては(まあ言ってしまえば全員そうなんですけど)エントリ1本埋められるので、またの機会に投稿します。


あと、「ドラマティック」って形容動詞なんだなって……普段形容動詞って意識して使う機会がないので、電子辞書を見てびっくりしました。「ドラマティック」から「ロマンティック」を連想して、脳内に西村ヒロチョさんがよぎったのは気のせいってことにしときます。

 

【副詞】


1位が「きっと」っていうのが何とも言えない『スタミュ』らしさかなあと思います。夢を追う彼らが「きっと叶う」「きっとできる」みたいな感じで、未来に希望を乗せて歌い踊るんです……きらきらしてるなあ……

※追記 「きっと」のうち9回が第6幕の「五重奏〜クインテット〜」で使用されていました。未来に希望乗せすぎだよかわいいな(?)


ちなみに「遠く」は10回すべてが「アヤナギ・ショウ・タイム」、「ぐっと」は8回すべてが「我ら、綾薙学園華桜会」に登場していました。一曲だけで遠くなりすぎだしぐっとしすぎだって。そこも含めて好きだけど。

 

【感嘆詞】


感嘆詞はこの種類が登場したすべてです。そもそも種類が少ない。そしてその中で異彩を放つ「さあ」と「ほら」……自分たちに呼びかけていたりこちら側に呼びかけていたりするんですが、割と呼びかけられてたみたいです。彼らに呼びかけられたからDVDを買ったんですかね。そんな気もしてくる結果です。

 

4. 品詞分解を終えて――『スタミュ』という作品の主題について


すべての単語の中でいちばん使用頻度が高かったのは、名詞の「夢」(45回)だと判明しました。しかし、実は同義である「ドリーム」(1回)・「YUME」(2回)・「Dream(s)」(7回)を含めると全部で55回も登場していました。

しかも、今回品詞分解の対象にした22曲すべてにこれら(レポートでは「『夢』群」としました)が使われていたんです。めっちゃ夢について歌ってるな彼ら。


中でも顕著な曲が第8幕の「Ready→Steady→Dream!」で、この曲では「夢」が6回、「Dream」が3回の計9回(「夢」群のうち16%)使われていました。

これを歌うteam鳳も含め、team柊、華桜会といった『スタミュ』に登場するキャラクターたちは、個々が抱える問題や目標、チームの性質などは様々ではありますが、彼らがチームそれぞれで歌う曲すべてに「夢」群の単語が使われているということから、「夢を追い掛けている」という点では全員が一致しているといえるんじゃないかなあと思います。

 

そういうわけで、「夢」という言葉は彼らの物語の主軸になるものであり、『スタミュ』という作品全体の主題といっても過言ではないと考えます。

 

 

……というのがレポートで提出した考察の一部です。「夢」の考察については『スタミュ』をご覧になった方ならもしかすると一度は考えたことのある内容かもしれませんが、個人的には学園の伝統を守る華桜会の面々も「夢」を歌っていたというのが衝撃だったんです。彼らもまた等しく夢追い人だったんだなあと思うと少し泣きそうになります。


また、普段触れない2番の歌詞で大事なことを歌っていることも多かったことも特徴かなあと思います。特に天花寺さんと空閑くん、君らさあ、2番でいろいろ言いすぎなんだよ~~!!!! 頼むからわたしを殺さないでくれ……(遺言)

 

 

とまあこんな感じで、今回の品詞分解は終了です。長かった。長かった。

今後は品詞分解の過程で歌詞を読みこんだ際に生まれ(てしまっ)た、分量的にレポートには書けそうにない考察を書いていこうと思います。

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

文明の利器も何とやら

Wi-Fiが無いと何もできないなあと思うきょうこの頃。実はいろいろとあって、いま現在わたしの家では常時Wi-Fiが繋がらない状態なんです。とても不便。不便ったらありゃしない。

 

Wi-Fiが無いと何が起こるかというと、スマホの速度制限との戦いです。パソコンでの調べ物はできなくなるので、4G回線が繋がるスマホでしか調べ物ができなくなります。となると、キャリア会社による速度制限との戦いの火蓋が切って落とされるわけです。これがめちゃくちゃ大変でして……まだ12/8なのに半分近く使ってるんです……先月初めて速度制限がかかった際の遠出はもう地獄みたいでした。ゲームもTwitterもLINEも、何もかもが遅い。家では基本的にWi-Fiを使っていたおかげで速度制限を免れられていた、ということにようやく気づきました。Wi-Fi様々だった……戻ってきてWi-Fi……

 

そういうわけで、特にデータ通信量を食う動画とゲームは控えています。見たいものとかやりたいものとか山ほどあるんですけどね……かなしい……レポートも毎日のように学館にノーパソを持参してカタカタやっています。この現状、早くどうにかならないかな_(:3 」∠)_

 

ほんとうはきょう品詞分解結果をここに出したかったんですけど、量が膨大なのでパソコンからやるしかないなあと思って諦めました。明日出します。たぶん。

1%の直感と99%の勢い

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

 

由来……由来かあ、どっちも割とすんなり考えてしまったので、由来という由来はあるようで無いんですけどね。響きの問題というかなんというか。

 

【ブログ名の由来】

このブログを作ったのには「スタミュのキャラソンの品詞分解結果を公表するため」とかいう理由があるんですけど(その割には3次元のアイドルの話もしてますが)、その品詞分解の最中のこのツイートが発端です。

ほんとに言葉がきらめいてたんです……光り輝きすぎててわたしには眩しい……

というわけで、「その言葉のきらめきの向こうには何があるのか」とかなんとか考えた結果、「向こう」よりも「行方」の方が響きが好きだなあと思って、いまのタイトルになりました。これ由来って言うほどの由来なのか……? まあ細かいことは気にしなくていっか。

 

【ハンドル名の由来】

実はいつ付けた名前なのか全然覚えてないです。Twitterのアカウントを作ったときかもしれないし、それ以前かもしれない……由来は

「零」西尾維新さんの「戯言シリーズ」「人間シリーズ」に登場する「零」崎人識から

「音」「音」楽が好きだったことから

です。ちなみに読み方は勢いで決めました。正直自分でも読みづらいのでふりがなを後ろに書くというバリアフリー仕様でお送りしています。

 

思っていたよりも品詞分解のデータの整理に時間がかかってしまっているので、書いている内容がバラバラになっている現状。はて。いったい何のブログなのかは自分でもわからない感じですが、品詞分解が終わったら作品の考察なり他の好きなことなりを細々と書いていくのだと思います。

それでは、きょうもきょうとて言葉と戦ってきます。

文字の海に溺れる

こんばんは。きょうもきょうとてわたしは品詞分解の結果と戦っています。カウントすること自体の終わりは見えてる気がするんですけどね〜〜ただ、言葉を見てるとどうしても脳内がゲシュタルト崩壊を始めるので、いまも自分が打っている文章を脳のどこかが勝手に品詞分解を始めています。落ち着け。それかせめて夜に寝てくれ。

 

前々から迷っていた複合動詞と慣用句の扱いは、どちらも1語ずつでカウントすると決まったので、とりあえずはどうにかなりそうな予感がします。が。

 

連体詞ってなんぞや。

(まあよくよく考えれば「この」が指示代名詞なわけはないことはわかるんですけどね。疲れてたのかな)

 

明鏡国語辞典』によると、

活用のない自立語で、もっぱら体言を修飾するもの。(中略)『この』『ある』『ほんの』『あらゆる』などの類

らしいんですが……ダメだ頭が……この辺のくだりは高校受験を控えた中学3年生のほうが詳しそうです。自立語とか体言とか完全に忘れてるし、正直言って中学の教科書が読みたいなあ、と思ったけどさすがに実家にあるわ。読めない。しょうがない、きちんと明日調べよう。

 

実は品詞カウントよりも危ないのがレポートの論の組み立てだったりするんですけど、それはもうどうにかするしかない。卒論じゃないんだし、勢いだ勢い。明後日先生から返却される第1稿の添削内容が気になるところですが、頑張ろうと思います。文字の海に溺れる前に生還できたらいいなあ(品詞にはすでに溺れているのでもう手遅れ)

レポートのはずなのに蘇る自己採点の記憶:「KH Coder」によるテキストマイニングを試してみた

レポートのために歌詞の品詞分解を全手動で完了させたわたしですが、先日「テキストマイニング」という方法を知ったので、実験と確認を兼ねてきょうはフリーソフトの「KH Coder」を試してみました。

 

感想:結構簡単だった

 

瞬殺でした。ものの数秒ですべてが品詞分解されていました。

どうなのかなあと思っていた造語も事前に指定しておけばきちんと数えてくれるし(最初「ストライド」が名詞として認識されなくて動詞の「スる」と名詞の「トライ」に分かれてたのには笑いましたが)、すごく優秀なソフトでした。作った方すごい。

品詞分解とカウントと並べ替えにかかったわたしの28.7時間はいったい……と思いましたが、普遍的な単語のカウントは案外ミスっていなかったので、いまは割とポジティブな気持ちです。よかった。ほんとうによかった。

 

 

そういえば、KH Coderで抽出した語句のリストはExcel形式で出力できるんですけど、それを見てセンター試験翌日の自己採点のことを思い出しました。

センター試験の翌日というと、みんなで学校で自己採点をする日なんですけど、そうは言ってもだいたいのひとが試験2日目の夜に終わらせちゃってるんですよね。わたしの当時の某クラスメイトもそのひとりだったんですが、このひとのやった自己採点が当時のわたしには特異な方法だったなあと。その方法が、

 

某予備校が出している解答速報のExcelデータをダウンロード

→自分の解答を入力したら正誤判定するように関数を組む

Excel上で自己採点

 

というものだったんですが、そのExcelデータを見せながらきらきらとした目で話していた様子が、きょうの抽出語句のリストによって思い出されました。懐かしい。

単純にわたしが普段Excelに触れなさ過ぎてきょうのことをきっかけに思い出したってだけなんですけどね。ちなみにこのひと、半年後ぐらいにハガキで届く実際の得点と自己採点の結果が1点の誤差も無かったらしいです。機械ってすごい。

 

 

思い出話はこのくらいにしておいて……どうしても品詞の分類に関しては自分とソフトとで食い違いが起きてしまっているので、そこの擦り合わせさえどうにかできれば精度が向上しそうな予感がします。何かちょっと終わりが見えてきた感じがしてとても嬉しいです。品詞分解さえ完成してしまえば論を組み立てられる……わけではないんですが、これが大きな一歩であることには間違いなさそうです。やったぜ。

はあ、きょう明日でデータをきちんと整理できたらいいなあ。がんばろうっと。

手作業も時には必要

こんばんは。今回はレポートの話に入る前に、少しだけ別の話をします(というかただの近況報告なんですが)

きょうは雨の中、嵐さんのコンサートグッズを買うために出かけていました。

いやあ、さすがに雨の17時台とあって物販にひとがいない! すごい! 目当てのものはきちんと買えました。今年のショッピングバッグが可愛かったから欲しかったんですよ〜〜買えてよかった。大阪でのライブはきょうでラストだそうですが、嵐さんたちは楽しんだのかな、楽しんでくれてたら嬉しいです(どこから目線なんだ)


さて、やっとここから本題に入ります。
昨晩のことになりますが、すべての事の発端となった友人とごはんを食べました。ガストで雑談を交わしつつ、今回の品詞分解の結果を一足先に報告してたんですけど、形容詞カテゴリの話になったときにこんな会話をしました。

 

友人「『ない』って否定形のを全部数えてんの?」
わたし「この『ない』は形容詞の『ない』であって、動詞の否定の『ない』は未然形の助動詞だからカウントに入れてない」
友人「わざわざ数えたのか…………」

 

そうです。わざわざ品詞分解して全部数えました。

 

単純に否定形の「ない」と言っても助動詞の「ない」と形容詞の「ない」がある、というのは今回の品詞分解で初めて知ったことでした。
たとえば、「走らない」の「ない」は助動詞の「ない」ですが、「君ではない」の「ない」は形容詞の「ない」です。待って細かい……細かすぎるよ……と頭を抱えながら品詞分解をしていた記憶が蘇ってきます。もはや無限の彼方。とか言ってると頭をよぎるバズ・ライトイヤー未だにトイ・ストーリー見たことないのに。わかったわかった、どうか君は落ち着いてくれ頼むから。


今回の作業を進めるにあたって、手持ちの電子辞書にほんとうにお世話になりました。出典の明示ってだけじゃなくてスペシャルサンクス的な感じで名前を載せたいくらい。

そして、電子辞書に収録されていた明鏡国語辞典さんにはほんとうにほんとうに頭が上がりません。辞書作ってる方々って意味とかもそうだけど品詞についてもたくさん思案してるんだろうなと思うと……すごいの一言に尽きます。

 

と、ここで一昨日のわたしの様子をご覧ください。


まあ明らかに死んでますね。

 

友人はこの発言を踏まえて、
「いま言ったみたいに、『ない』とかそういうのは機械は拾えないだろうから、手動でやらないと見つからなかったと思うよ」
と言いました。そういえばそうだな。まだテキストマイニングのほうを試したわけではないんですけど(明日試してみます)、手動だからこそ可能だったこともあると思うんですよね。もちろん、曲数が少ないから手動でやっても心が折れる前に終わったっていうのもあるとは思いますが。

 

でも単純な単語に関しては機械のほうが正確だと思うので、手動とテキストマイニングの二重チェック体制で臨むことにします。これなんか一昨日も書いた気がするんですけどまあ気にしないことにします。

 

次回、「文字の海に沈む」
デュエルスタンバイ

 

P.S.
レポート第1稿を読んだ友人に
「何かレポートっぽくない文章だね〜〜何というか……ああわかった! ブログっぽいんだ! はてブロ!
って言われて笑うしかありませんでした。


堅い文章が致命的に書けません!!!!

プリーズヘルプミー!!!!

青い春の象徴

お題「初めて買ったCD」

 

遡ること6年前の夏。当時中学生だったわたしにはおこづかい制度は無く(高校生から月5000円のおこづかいをもらっていました)、お年玉も基本的には親にすべて預ける形でした。

そんなわたしが、その夏に人生初めてのCDを買ったのです。自分のお年玉を使ったのもこれが初めてでした。

 

と言っても、どういう手段で買ったかはよく覚えていないのですが、Amazonの会員登録をしたのは高校生の頃だし、県庁所在地にある繁華街に自分だけで行っていたのも、通学にJRの定期を使っていた高校生の頃だし……と考えると、おそらく親に連れて行ってもらって地元の新星堂で買ったのだと推察して差し支えないような気がします。

こんなことを書いているうちに店舗内の配置まで思い出してきました。懐かしい。右側にアニメ系、真ん中にDVD、左側にJPOPの新譜。片田舎のショッピングセンターの中にあったためか、ネット通販各社で予約が全滅していても、この新星堂だけは大抵味方だったし、アニメ系のPOPもかなり凝ってたので好きでした。たぶん前のiPhoneに画像残ってると思うけど……って新星堂の話じゃないんだってば。CDの話してよ。

 

そういうわけで、わたしが初めて買ったCDである、嵐さんが2010年に発表した僕の見ている風景の話をします。

(余談ですが、わたしの「嵐さん」のイントネーションは「あら↑し↑さ↑ん↑」です。愛称としてのさん付けとかいうアレです)

 

当時は初回盤・通常盤どちらも2枚組で、且つソロ曲が通常盤にも入っているということで話題になっていた印象があります。それまではソロ曲は初回盤にしか収録じゃなかったしなあ……とあたかも古参のファンのように言っていますが、わたしが嵐さんのファンになったのはこの前年の「マイガール」前後なので、ファン歴としてはそこそこといったところでしょうか。ですが過去のアルバムはすべてレンタルで借りて聞いていたため、そういう知識だけはあるのです。

 

さてさて、この『僕の見ている風景』、まずジャケットの色味が好きなんです。可愛い。柄と色味がバラバラのようでまとまっている様子は、このアルバムと彼らを表現している感じがします。そもそも収録されているシングル曲の幅広さ(「Everything」「マイガール」「Troublemaker」「Monster」)を思えば、ある種必然とも言えるような気がしますね。

 

わたしは嵐さんのアルバムの中ではこのアルバムがベスト3に入るくらい好きで、これを買う半年前にiPod nanoを父に買ってもらったこともあり、ほんとうに繰り返し繰り返し聴いていました。このアルバムを聴くと楽しいことも辛いことも含めていろんなことが思い出されて、間違いなく『僕の見ている風景』が「わたしの見ていた風景(もっと言えば、一般的に青春と呼ばれる時期の心象風景)」も作っていたんだろうなあ、といまでは思います。

Summer Splash!」を聞けば夏休みの午前部活から帰るときの青い空と真っ白な入道雲と風にそよぐ稲を思い出すし、「movin' on」を聞けば受験勉強の日々を思い出すし、「むかえに行くよ」を聞けばいろんなことに悩んで眠れなかった夜を思い出します。

 

そういえば、部活の大会も高校受験も大学受験も彼らと一緒に乗り越えたよなあ、と思うと、わたしが最初に聴いた『Time』(2007年発表)や他のアルバムも含めて、彼らには感謝してもし足りないなあという思いでいっぱいです。

 

と言いつつもわたしは他のことにお金を使っているため(今年だけでアニメのDVD何本買ったんだろう)、まだ今年のアルバムを買えてないんですけど、そのうちきちんと購入して、また彼らが新しく表現するきらめきと向き合いたいなあと思っています。