読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらめきの行方

彼らはどこへ向かうのだろう

機械と人間の方法論

※タイトルは堅いですが内容はいつも通りのテンションでお送りしております。

 

はてなブックマークを何となく眺めていたときのこと。アドベントカレンダーの要領で同じテーマについてみんなで1日ずつ書く、というサイト↓

を見つけたので眺めていたところ、「うたプリ」のカテゴリに見覚えのある方がいらっしゃいました。

 

うたプリに関してはまだまだ初心者であるわたしですが、この方(ちなみにプリンセスゴリラさんという方です)のブログはたまに拝見することがあり、文章の書き方が親しみやすくて良いなあと思いながら読んでいました。

 

そんなプリンセスゴリラさんが12/1のアドベントカレンダーに設定していた記事↓

の名前に、何となく(わたしとやっていることと同じかもしれない)と思い、久しぶりにこの方のブログにアクセスする運びとなりました。

 

そしてわたしの感想がこちら。

 

「歌詞の頻出語句を調べる」のは一緒なんですが、いちから品詞分解したわたしと違い、機械的に行っていたのです。

なるほどその手があったか…………

 

いつも拝見させていただいている「プリキュアの数字ブログ」様が書かれている記事を参考にすれば、できそう! ということでうたプリバージョンに挑戦してみました。

 

なるほど、先駆者がいらっしゃるのか!

 

prehyou2015.hatenablog.com

 

ほんとだった。プリキュアを初代から見ていたわたしとしては、読んでてめちゃくちゃ楽しかったです。途中でラブライブが引き合いに出されたのにはびっくりしたけど、この比較も興味深いものでした。個人的には何度でも読みなおしたい。

 

さて、テキストマイニングの方法は、プリンセスゴリラさんによると以下の通りだそうです。

 

 【テキストマイニングの方法】

1.各楽曲の歌詞を書き出してテキストファイルに保存

2.アイドルごとに、書き出した歌詞をひとつのテキストファイルに錬結(コマンドプロンプトがなかったら死んでいた)

3.KH Coder(http://khc.sourceforge.net/)を使って、頻出語を抽出

4.CSVファイルを整形

 

うわあ……すごい……わからない単語ばかりだ……このまま115曲を分析して結果を出されていますが、わたしの約5倍の曲数だと思うと遠い目をしたくなります。

でも、わたしが先行研究としている論文(平成22年度 卒業論文 「コブクロの歌詞の表現特性」)を書いた方は手動で200〜300曲を品詞分解したことを思うと、もはや拝みたいレベルです拝ませてください。  

 

【12/5 追記】

つい先ほど件の先行研究を読み返したところ、

今回データを収集するにあたって手動では限界があるため、文章分析プログラムを使っていったのだが、機械が処理する都合上どうしてもノイズが発生してしまい、100%正確なデータを取り扱うということはできていない。ある程度手動でできるところは手動で行いデータの精度をあげていくことが必要であると感じる。

と書かれていました。えっ待ってプログラムだったんですか……いや、そりゃあ曲数を思えばそうなんですけど、それが良いとは思うんですけど。でもまあ、わたしの曲数はこの方の1/11だし、手動でデータの精度を上げるのが必要って書いてらっしゃるし、強く生きます。わたしは強く生きる(大事なことなので以下略)。

 

機械の方が一般的もしくは普遍的な言葉のカウントは正確だと思うんですけど、造語とか特殊な言葉とかのカウントミスはどうしようもないだろうなあと思うと、わたしが品詞分解とカウントにかけた10時間超の作業時間は無駄じゃなかったと思いたいです。思いたいです(震え声)

 

でもまあ、とりあえずわたしはテキストマイニングとお友達になって、品詞分解のチェックとして使おうと考えているところです。いやでもわたしとお友達になってくれるのだろうか…………

 

戦いは まだまだ続く 12月

12月であることを認識したくない零音です、どうもこんばんは。

夜中の作業もそこそこに、朝10時ごろから14時半までを言葉のきらめきとの戦いに費やしておりました(以下がそのときのわたしの様子です)

 

 

この時間帯に取っている授業は休講だったとはいえ、レポートはめちゃくちゃギリギリでした(まあ、元々の取り掛かりが遅いのは昔からなんですけどね)

 

というわけで、スタミュレポートの第1稿ができました!

できたのはいいんですけど…………

 

 

途中稿に対する先生の添削が返ってきたのです。さてどうしたものか。

実を言うと、途中稿と第1稿では品詞分解以降の論の進め方をがらりと変えてしまっているため、先生の添削が意味を成さない可能性があるような気がして頭を抱えているところです。

とはいえ、わたしが書いたあらすじに対して丁寧に文章添削をして、さらにはわたしのレポートを見て未知の概念を持ち出してくる先生……何者なんだろう(うちのコースの教授です)

 

 

そんなこんなでわたしは2週間後が締め切りの第2稿の提出に向けて、再び言葉のきらめきと戦うことになったのでした。脳内がきらめいている……輝く星が見える……(遠い目)

 

レポートの内容がもう少し整い次第、構成し直してこちらにアップしようと思います(というか、まだこのブログの設定がいろいろと途中なのでそれを先にどうにかしたいというのが正直なところです)

とりあえずのところは気長にがんばろうという気持ちでやっていくつもりですので、見守っていただければ幸いです。

品詞に染まる脳内

昨夜のこと。サークルの打ち上げの二次会で、「きょうカラオケ半額だよ!」と同期が言ったことを発端として、わたし含め8人の女子でカラオケに行きました。行ったはいいんですけど。

 

歌詞を見るたびに頭をよぎる品詞。

 

待て。待ってくれ。いまはレポートじゃなくてカラオケしてるんだ、しかもスタミュに全然関係ない曲ばっかりだってのに、落ち着け、落ち着いてくれよわたし。同期が歌ってる星野源さんの「恋」の本人映像を見ながら、何で脳内で品詞分解始めちゃうんだよ!

「営みの……名詞……街が暮れたら……名詞と動詞……色めき……動詞……」

っていいかげんにして!?!?!?

 

 

という話を、先ほどレポートの発端となった友人にしたら、

「もはや職業病みたいになってるね」

と言われて苦笑いをせざるをえませんでした。職業病…………(遠い目)

 

さて、品詞分解という職業病の憂き目に遭いながらも、わたしは明日の授業に間に合うようにレポートを書き上げます。きょうもきょうとて言葉のきらめきと格闘してきます……!

 

 

P.S.

セカンドドラマCDの詳細が発表されましたね! 内容もさることながら、ジャケットの高身長組ふたりのきょとん顏がとても可愛くてですね……う〜〜すでに発売が楽しみです(`ω´)

きらめきの核心を見たい

お題「ブログをはじめたきっかけ」

事の発端は10月下旬。大学のとある授業でレポートを書くことになったはいいものの、わたしは一向に題材が決まりませんでした。何故なら、先生が用意した全体のテーマがあまりにも曖昧すぎたから。

具体的な言及は避けますが、言うなればそれは「概念」であり、具体的なものや事柄を指すものではありませんでした。

 

困ったわたしは、リア垢と趣味垢の両方で繋がりがある数少ない某友人に対して、雑談程度に気軽な感じで話を振りました。

「こういうテーマでレポート書かなきゃいけないんだけど、題材決まんなくてさあ。どうしたもんかな」

 

そのときの彼女の返答がこちら。

「キャラソンをテーマにしたら? 面白いと思うけど」

 

 

まさに神の啓示でした。

彼女の言葉により、わたしは手元にあった『スタミュ』のDVDを見つめ、

 

「じゃあスタミュのキャラソンでレポートやるわ」

 

と宣言したのでした。

スタミュ』のキャラソンには特徴的な言葉が登場すると感じていたので、わたしは歌詞の分析を行うことにしました。先行研究も見つかり、「品詞分解」という方法でレポートを書くことを試みたのですが……

 

 

それがすべての始まりでした。

(というか間違いだった)

 

 

対象楽曲を「Angel Lost」を除いた本編登場曲(計23曲)に限定したにもかかわらず、品詞分解のしんどさたるや。

「言葉の海に溺れる」って表現はたまに聞きますが、品詞分解しているときのわたしはこんなことをツイートしています。

 

 

……我ながらツッコミたいんですけど、

「言葉のきらめきにやられる」ってどんな表現だよ。

 

まあそんなこんなで言葉のきらめきと格闘しながら、現在進行形でレポートを進めてはいるのですが……

まあ沼が深い。とても深い。

 

この作品はわたしが初めてDVDを全巻揃えた作品なので、思い入れがあるのはもちろんなんですけど、それにしても品詞分解を経たことでレポート外の考察が増えていくんですよ。ほんともう増える増える、これもう完全に乾燥わかめの様相を呈してるってば。

 

この考察を授業のレポートだけにしとくのはどうにももったいなくて、

「じゃあネットの海に投げよう」

と思い立ったのが昨日の話です。それらがまとまり次第こちらに投げる予定です。まずはレポートの完成を目指します……どうしよう、レポート用の硬い文章が苦手すぎてきちんと書けない……

 

わたしが「言葉のきらめき」と表現する理由は後々わかると思います。いやほんとにきらめいてるんですよ……スタミュまぶしすぎでは……?(遺言)

 

 

もはや歌っています ※ただし自分の部屋に限る

お題「よく口ずさんでいる曲」

初めてのブログを書くために初めて「お題スロット」なるものを回してみたら、書きやすそうなものが出てきたのでこれで書いてみます。

思い返せば、わたしは実家にいる頃からひとりになると独り言を言うか歌っているかのどっちかだったので、まあ実際のところは口ずさむどころか歌ってるってのが正しいんですけどね。

 

曲を聴きながら作業をしていることが多いので、それに合わせる形になることが常々なんですが……ふむ。とりあえずよく口ずさむ(というかもはや歌っている)5曲を選んでみました。

 

 

⑴嵐「きっと大丈夫」

わたしが最初にファンになったアイドルというのが嵐さんだったりします。ん? 懐かしいタイトルだなって? そうです、この曲もう10年近く前の曲なんですよ! まあ実のことを言うといちばん好きな曲は「言葉より大切なもの」(2003年リリース)なんですけど、「きっと大丈夫」は(わたしが常々挫けそうな豆腐メンタルなのもあって)口ずさむと元気が出るんですよね。わたしの頭の中では、虹の上を歩きながらAメロのソロパートを笑顔で歌う大野さんの姿が見えます。でも割とシビアなこと歌ってるんですよねこの大野さん。2番Aメロでは

当たり前ができてない 簡単でもわかったフリはもうやめよう

って歌っててですね……あの……

ほんとうにすみません!!!!(スライディング土下座)

 

……そういやPVでにのあいにシルクハット被せたのはいいけど、何でそこふたり並べたんだろうっていうのが長年の疑問。両端にしたほうが画面のバランスよいのになあ。でもちょっと不揃いな感じが嵐さんっぽくて、それはそれでアリなのかもしれない。

 

 

⑵NEWS「weeeek」

さっきからセレクトが懐かしいって? いやでも元気になるんですよこの曲。さすがGReeeeN作詞作曲6人時代の最大のヒット曲と言っても過言ではないと思います。小山担だからかはわかりませんが、2番Bメロの

いつか水滴 必ず石をうがつ

ってところがめちゃくちゃ好きです。いまだに意味がわからずに歌ってたのでさっき意味を調べたんですけど、「雨だれ石を穿つ」ってことわざから来てるみたいですね。意味は「同じ所に落ちる雨だれが長い時間をかけて石に穴をあけるように、微力でも根気よく続ければ成就する」(広辞苑第6版より)だそうで…………

 

慶ちゃん〜〜! いいこと歌ってるよ〜〜〜〜!!!!(渾身の叫び)

 

 

⑶Orangestar「アスノヨゾラ哨戒班」

再びジャニーズの流れかと思いきや、ここでぶった切って少しボカロの話をします。中学生の頃に周りで流行っていた「人柱アリス」を聞いたことからわたしのボカロは始まるんですけど、後にも先にもそういう重たい雰囲気の曲はさほど聞く機会もなく、ハチさん・とあさん・n-bunaさん・Orangestarさんあたりを好きになっていきました。……並べてみても系統が見えないのがわたしっぽいな(?)

 

さてこの曲、何といっても口ずさみやすい長さ(約3分)でメロディーがとてもキャッチー。キーがキツイなって思うこともあるけど、口ずさむだけならオールオーケー! ってな感じで、コンビニのチルド麺を家の電子レンジで温めてる間に口ずさむ曲No. 1です(ちゃんとカラオケでも歌ってます)

 

 

⑷平田志穂子「Your Affection」

3年前、どうしてもやりたくなってお年玉を使って買ったPS Vita専用ソフトペルソナ4 ザ・ゴールデン(通称:P4G)」

やり始めた頃は、BGMのほとんどが英語詞のボーカル曲ってことに戸惑いを隠せませんでした(いまはもう慣れました。戦闘曲かっこよすぎる)

そのBGMの中でも、前作のPS2版及び姉妹作品のPS Vita専用ソフト「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(通称:P4D)」でも使用されている「Your Affection」をよく口ずさんでます。口ずさむといってもきちんと歌詞がわかるサビ部分がほとんどですけど。でもわたし、サビの

Past will tell you when to make yourself a hero

ってとこがすごく好きなんですよ……! ぜひ下のリンクから和訳を読んでいただきたい。

 

北さん『かたくりかたこりかたつむり』「Your Affection和訳」

http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/blog-entry-9.html

佐藤むさん『そこはかとなく sing and dance』「Your Affection 和訳」

http://s.ameblo.jp/eigo-no-uta/entry-11594132631.html

 

この曲はもともと晴れの日のフィールド曲として使用されていて、いつぞや和訳を調べてからさらに好きになった曲です。が。P4Dでわたしがいちばん好きなキャラである花村陽介(自他共に認める主人公の相棒)がメイン曲として踊ってたんです……もうこれは好きになるしかない……しかも明るいアレンジによって陽介らしくなってて……

君は太陽……

(モンペが発動するのでここで黙ります)

 

P4G自体は確か5周目の終盤あたりだったと記憶していますが、実家にいる妹(去年突然福山潤さんのファンになったため、彼が主人公の声を担当している「ペルソナ5(通称:P5)」の予習をしたいと言い出した)に貸してしまいました。5周目なのに某裏ボスが未だに一度も倒せてないのが解せないから、早く実家に帰ってP4Gやりたい。早く来い来いお正月。P5もソフトだけだからいいかげん筐体買いたいね……(遠い目)

 

 

⑸team鳳「星瞬COUNTDOWN」

来年4月に第2期の放送が決まったTVアニメ「スタミュ」において、第1期のEDとして使用された曲です。

 

とにかく好き。好きです。

 

TVシリーズ最終話(第12幕)、この曲で号泣してたもん。

ほんとうに、あの、「スタミュ」を見てほしい。

彼らのきらめきを受け止めたとき、きっとしんどくなると思うんですけど、それも含めて彼らなんです(何を言っているんだわたしは)

この曲について語りだすとほんとに止まらなくなるので、それはまた別の機会に。ただ、この曲を聞きすぎたことによって、口ずさむときに微妙に声真似が入るのはご愛嬌ってことにしといてください。ご愛嬌ご愛嬌(大事なことなので以下略)

こんな感じですかね! わたしが基本的に次元を行き来している人間であることは、これでよくおわかりいただけたかと思います(?)

ブログの方向性は行方知れずですが、続けられたらいいなあとひっそりと思う程度にしておきます。